CSR・環境改善の取り組み

当社はKES環境マネイジメントシステムに基づく環境改善活動を通じて環境問題の取り組みをしています。KESステップ1を2005年に取得、2007年にはKESステップ2を取得、2014年には社会貢献の取組も加えた「KESステップ2-SR」規格第6版を取得するなど時代の要請に呼応する活動を続けています。

中でも、長きに亘って行ってきた週1回の地域清掃は、2016年度から「クリーンパーティ京都の活動」と位置付け、国際文化観光都市京都の環境美化に今後も微力ながら貢献して参ります。身近な環境美化活動こそが「世界一美しいまち京都」の実現に必須の要素であるとの認識から、この活動を提唱し、「クリーンパーティ京都の活動」を広め高めていくことが今後の重要な課題と考えています。

「KESステップ2-SR」におけるSR環境改善計画の五項目

(1)「障がい者雇用の促進」による社会貢献の取組み

 京都市北部クリーンセンターの中で業務する資源リサイクルセンターで市内の家庭ごみから排出される「缶、ペット、ビン」それぞれの分別業務を入札により獲得し、作業には市内の支援学校卒業生の知的障がい者を計画的に受け入れています。現在この職場の法的雇用率2.0%に対し38.0%に上っています。1-1

(2)「フタバアオイの生育」の生物多様性保全・希少植物の生育等の取組み

 地球温暖化による気候変化等により、希少植物品種となった植物を再生し、京都の伝統的な祭り行事の存続にも貢献する「フタバアオイ等」の生育に取組むと共に、京都市の提唱している緑化緑地の拡大を目指し整備するなど緑化面積の確保を積極的に推し進めます。2-4

(3)「エコドライブの向上促進」デジタルタコグラフの評価システムの活用

 デジタルタコメーターによる運行(エコドライブ)自動評価システムを走行の評価として毎月乗務員全員が100%A評価を目指し、B評価を年間250P以下に減少させる目標を立てて取組んでいます。又、最近の月次のB評価の発生率は約2.0%~1.40%へ減少する良好な経過を示しています。エコドライブの向上促進

(4)「環境・人権教育の推進」

 地球温暖化防止対策や環境保全及び人権研修等の研修を教育訓練として推進し、春秋に環境や安全教育の講習会を開催。一人一回の参加を1Pとして年間330Pを目指しています。又、環境意識調査のアンケートを毎年行い当社の「環境リポート」等で公表しています。IMG_1440A

(5)「クリーンパーティ京都」の活動の推進

 国際文化観光都市京都の環境美化に貢献する身近な環境美化活動こそが「世界一美しいまち京都」の実現に必須の要素であるとして、特に水曜日を西大路通り、五条通り、4つのバス停等の清掃活動を行い、従業員の住む地域での清掃活動も勧めています。1-2
「2016年の締めくくりに西大路五条はクリーンアップ完了」「2017年もごみはきれいに酉(取り)まくります。」dscf6150

その他の取組み

「環境レポート」

年に数回、KES環境推進本部より、環境・当社での取組等を従業員にレポートを発行し、周知する取組を行っております。


環境レポート(2016・9秋季号)

2016秋環境アンケート集計速報・解説

2016秋環境アンケート集計グラフ

「エコキャップ回収」

 社内のペットボトル等のキャップを回収する為に自販機の横等に「エコキャップ入れ」を設置し毎月一回収集しています。
又、ペットボトルのキャップ外しはリサイクル資源の純度を決定づけ、焼却すると多量のCO2が発生するもので分別実施しています。
2-2

1-8

 

KES認証とGマーク認証を表示しています。